​高松 みあ

ソウルケアスペシャリスト

女性起業家、第六感の持ち主、会計士、旦那と付き合って8年目、一児の母

2016年にホヌレアハワイ を設立、今までで日本、アメリカを含め、カナダ、トルコ、他5カ国以上、数百人以上の人の人生をいい方向に導いていきました。
あなたが心の底から幸せと思える生活に近づく第一歩を踏み出すためのお手伝いを全力でさせていただきます!

 

ホノルル、ハワイ生まれ。大阪育ち。ホノルル在住。趣味は家族と今を楽しむ事。

 

私は、死者の方と夢の中で喋れる母と、死後の世界や第六感を全く信じない父の元に生まれました。私も人とは違う第六感があると母から言われ続けるも、父や世間から教えられた、スピリチュアルの世界は人々を洗脳させ、お金を騙し取るような宗教的世界なのだと言うイメージを刷り込まれ、自分は第六感なんてないんだと言い聞かせていました。母は世間から頭がいかれている人じゃないかと思われてしまうのを恐れて全く周りには第六感があることを言ったことはありません。
しかし私はもう自分の第六感を無視することが出来なくなっていきます。ハワイで大学生活を送っていたある日のことです。私の友達は自分が第六感があることを私ともう一人の友達だけに伝えてくれました。そして彼女は私も第六感があることを口にしたのです。私はその子に母が第六感があること、今まで母に何度も私も第六感があると言われ続けたことを一言も喋ったことがありませんでした。私はただの偶然なだけで、第六感なんてないと言い聞かせていましたが、今の旦那と付き合い始めて自分の第六感は何かの呪いで封印しなければいけない物ではなく、特別な才能だと言うことを少しずつ教えてくれます。それでも私は旦那以外に第六感がある事を公表していませんでしたが、2015年に2人の知り合いに私に第六感があり、それは何かの呪いではなく、素敵な才能であることを伝えてくれました。
旦那を含め10人以上もの人に、自分の持っている不思議な力を指摘されると、もう自分に第六感がないと言い聞かせることが出来なくなってきてしまいます。自分が自分で第六感があることを受け入れるともっと第六感が研ぎ澄まされていきます。
旦那はパワーストーンに興味が以前からあったようで、ブレスレットを作るから付いてきてと言われたのがきっかけで、パワーストーンのエネルギーに触れると人のようにエネルギーや波動を感じることに気づき、面白いなと思いました。その後、私たちはいろんなお店やいろんな方のブレスレットを買うようになります。私はその時に気づいたんです。私の方がパワーストーン を作ってらっしゃる方々より、もっと一人一人にのエネルギーや波動にあったブレスレットを提案できるんじゃないかと。
旦那の後押しもあり、ホヌレアハワイ を設立する決意をしました。
私はこの事業をしてからたくさんのスピリチャル、第六感がある人と巡り合う機会が増えました。スピリチュアルは資格のいらない儲かる事業だと思い、悪用して金儲けだけに走る人が多いことに気がつき悲しく思いました。
私はこの事業をきっかけに一人でも多くの人にスピリチュアルは宗教ではなく、自分の内面をケアできる安全な場であり、パワーストーンはお守りではなく、内面もしくは心のケアのツールだと思って欲しい。私は人を勧誘して、多額のお金を騙すためにこの会社を設立したのではない。
私は一人でも多く、心から幸せを感じる人をこの世の中に増やすのが使命だと感じて毎日仕事をしています。

お問い合わせ

Email: info@honuleahawaii.com

Tel: 808-352-4491

​今だけ無料メルマガ購読者の中から、抽選でキーホルダーを無料でプレゼントします!

© 2020 Honulea Hawaii LLC